あなたの街にもニチガスの都市ガスが届くようになります

###Site Name###

2017年4月から、都市ガスの自由化がスタートします。
今までA社から都市ガスを供給していたのを、ニチガスなどの他のガス会社から供給できるようになるのです。
お客は、A社以外にもニチガスなどをはじめとする様々なガス会社を選ぶことが出来るのです。
こうした制度がスタートする背景として、競争によるサービスを高めるという狙いがあります。
今まではその会社は何もしなくても、お客が勝手にやってきたため、サービスを追求しなくても困ることはありませんでした。
しかしそうした独占経営をしていくと、サービスの方はどんどん悪くなっていく傾向がありました。
しかし、競争相手が居ればそうした怠慢は無くなります。
サービスを求めて、ニチガスに変える方は少なくないかもしれませんね。

インフラの自由化と言えば、電気が記憶に新しいと思います。
今まではその地域のひとつの会社が独占していましたが、今は好きな電力会社を選べるようになりました。
ただし、これはそこまで上手く行っている訳ではありません。
そもそも電力会社自体、そこまで数が多くないのです。
新規に参入できない理由のひとつに、送電線のレンタル代があります。
自分で送電線や送電塔を建てることが出来ればいいのですが、多くの企業がそうした初期投資をすることが出来ません。
そこで既存の送電線を借りる形となり、その使用料としてレンタル代を支払っているのです。
そのレンタル代がとても高いため、なかなか新規の電力会社が参入できないでいるのです。

こうした事情があることから、ガスに関しても気になります。
このガス管ももしかしたら、高いレンタル代が掛かるのかもしれません。
調べたところ、やはり「託送料金」というものが掛かるみたいです。
それがどれだけ高いかどうかで、新規の業者はなかなか参入できないかもしれません。

ニチガスはかなり前から都市ガスを各家庭に支給しています。
ニチガスは関東を中心に供給していますが、今後は他の地方にも都市ガスを供給できるようになるのです。
ただし、現在ニチガスと契約している家庭が余所に移ることもあります。
新たな市場開拓のチャンスですが、ニチガスは今あるお客様を離さないようにサービスを追求することにも力を入れているのです。

今後は色々なインフラが自由化していくかもしれません。
そのうち、上下水道なども自由化するかもしれませんね。
東京だと東京水道局が一括管理していますが、これが民営化すれば、色々な企業が新規参入するのではないでしょうか。
ニチガスは現在、ガスと電気の事業に着手していますが、水道が民営化すれば、こうした事業にも関わるようになるかもしれませんよ。